ねこ

f:id:soraumi8:20200113225928j:plain
トテトテ




f:id:soraumi8:20200113225958j:plain
タタッ!



f:id:soraumi8:20200113230037j:plain
、、、



f:id:soraumi8:20200113230100j:plain
バッ!




f:id:soraumi8:20200113230206j:plain
ふぅ


カメラ:EOS M6 Mark II
レンズ:シグマ 56mm F1.4



猫って可愛いですよね。


以前は犬派でしたが、いつの間にやら猫派になっていました。


猫のあの気まぐれな感じと、それでいて不意に見せる人懐っこさがたまらなく可愛く思えてしまいます。


まあ大概の野良猫は警戒心の塊で近付くことも
ままなりませんが(笑)


それでもたまに人に慣れてる野良猫なんかは近付いても逃げずにいてくれて、ほんわかとさせてもらえます。


そのうち猫島に行きたいなぁ~

2020年が始まってた

うは!気が付けば2020年ですよ、、、


前回の記事が10月25日だったので、もう2ヶ月以上このブログを放置してたんですねぇ~


ほんと月日が流れるのは速いです。


今日も特に書くことは無いんですけど(笑)、良い感じのリフレクションが撮れたので載せたいと思います。


f:id:soraumi8:20200112210834j:plain


カメラ:EOS M6 Mark II
レンズ:シグマ 56mm F1.4


去年シグマの単焦点レンズ56mm F1.4を実は買ってたんですけど、これめっちゃ良いですね。


56mmは自分的にジャストな画角ですし撮れる写真も綺麗です。


これからも愛用していきたいと思います。

コスモス撮影記

先日、家電量販店に行こうとバイクに乗り遠賀川を走ってました。


やはりこの時期のバイクは気持ち良いですね。


そんな感じで鼻唄混じりにブーンとバイクを走らせていたら、遠賀川の土手にピンク色が見えました。


なんだろうと思い土手に降りてみたら、なんとそのピンクの正体咲き誇るコスモスでした。


そうか、もうコスモスの時期なんですね。



たまたまバイクにEOS M6 Mark II を乗せていたので、ウキウキでこの偶然出会えたコスモスを撮影してきました。



f:id:soraumi8:20191024151808j:plain
ピンク色が可愛いですね




f:id:soraumi8:20191024151857j:plain
広角で



f:id:soraumi8:20191024151940j:plain
望遠で



f:id:soraumi8:20191024152018j:plain
全体的に



f:id:soraumi8:20191024152101j:plain
人も沢山いました




f:id:soraumi8:20191024152141j:plain
お気に入り




この日は風も強くコスモスもゆらゆらと揺れていましたが、こんな日は花の撮影は難しいものですね。


ただこの日は光も強かったので、シャッタースピードを電子シャッターで1/8000秒にすれば問題なく風に揺れるコスモスも撮れたので、やはり速いシャッタースピードがあるのは助かりますね。


なので出来ればEOS M6 Mark IIがメカシャッターの上限1/4000を越えたら自動で電子シャッターに切り換えられる機能があれば最高だなぁ~と思いました。


いつかアップデートでそうなってくれると嬉しいですね。

EOS M6 Mark II 初撮り写真

EOS M6 Mark II を手入れたので、届いたその日にさっそくカメラを持って小倉に行ってきました。



まずは西小倉駅で降りて、のんびり小倉方面に歩いていきます。


f:id:soraumi8:20191024134153j:plain
西小倉駅内



f:id:soraumi8:20191024134039j:plain
西小倉駅前



この日は雲も多かったですが、それでも太陽はちゃんと顔を出してくれてました。



f:id:soraumi8:20191024134538j:plain
眩しい



f:id:soraumi8:20191024134314j:plain
光と影を見つけるのって面白い




f:id:soraumi8:20191024134642j:plain
空の青が綺麗でした



途中で左折して海方面へ



f:id:soraumi8:20191024134944j:plain
海だー!




そしてまたてくてく歩きます



f:id:soraumi8:20191024135041j:plain
マンション




f:id:soraumi8:20191024135123j:plain
お日さまでキラキラしてます




f:id:soraumi8:20191024135215j:plain
影が印象的でした




そして小倉駅の北側にある公園へ




f:id:soraumi8:20191024135249j:plain
噴水がありました



公園ではダンスの練習をする人、散歩をする人、家族でのんびり過ごす人、コスプレの撮影をする人などなどみなさん思い思いの時間を過ごしていました。


さらに小倉駅の北側をうろうろと。



f:id:soraumi8:20191024135630j:plain
空が広い



f:id:soraumi8:20191024135820j:plain
雲もなんだか神々しい




f:id:soraumi8:20191024135916j:plain
お気に入り写真




写真をパシャパシャ撮りながら小倉に着いてフィニッシュです。





実際にEOS M6 Mark II を使ってみた感想としては「使いやすい!」でした。


キヤノンのカメラは相当久しぶりでしたが操作に戸惑うことなく写真が撮れましたし、やはりシャッター音が気持ちを盛り上げてくれました。



カメラとしても小型でしかも持ちやすいので、疲れることも無く楽しく撮影出来ました。



まだまだ使ってみなければ分からないことも多いですが、これからのカメラライフが楽しくなる予感がした1日でした♪




ちなみにLUMIX G9を持って小倉駅の北側をうろうろした時の記事もあったりしますのでよければ

orange8.hatenadiary.jp

EOS M6 Mark II のレビュー的なもの

f:id:soraumi8:20191021145043j:plain


というわけで、新しい相棒EOS M6 Mark II が我が家にやって来たわけですが、今回はそんなEOS M6 Mark II のファーストインプレッションを書いてみたいと思います。



○EOS M6 Mark II を選んだ理由

f:id:soraumi8:20191023233635j:plain


そもそもなぜEOS M6 Mark II(以下M6m2)を選んだのか?


もともと私はLUMIX S1を使っていました。


S1はプロ仕様ということで高性能で操作性抜群な素晴らしいカメラです。


ただ前回の記事にも書いたように、そんなS1に見合う自分でいようとすることに疲れてしまいました。


完全に道具に振り回されてますね。


なので1回リセットしてS1から離れたいと思い、S1を売却することに決めました。


そしてもうこのままカメラからも離れようかなとすら思っていたのですが、ふと以前使っていたキヤノンのkissX5を思い出しました。


kissX5を使っていた頃はいま以上に何も分かっていなかったのですが、そのぶん写真を撮ることを楽しんでいました。


"シャッターを押して写真が撮れる"ただそれだけで楽しかったですもんね。


いまkissに戻ればあの頃の気持ちに戻れるかも・・・とは流石に思いませんが、気楽に使えてたカメラに戻ってみるのもありかとキヤノンを調べてみることに。


なんとkissって今はミラーレスになってたんですね。


ちょっとビックリ。


そしてkiss Mはデザインも良い感じですし、値段も(S1と比べて)鬼のように安くて気楽に買えそうですし、これはもうkissに決めちゃおうかと思っていました。


そんな事を考えながら家にあったカメラ雑誌をパラパラと読んでいたら、その雑誌に今回のM6m2が載っていたのでした。



これめちゃんこ格好良いやん・・・



まさに一目惚れです。


フォルムが、フォルムが格好良い!


ちなみに雑誌を買ってすぐ読んだ時には、M6m2は全然心に引っ掛からなかったんですけどね(笑)


頭にキヤノンがある状態で読むと見事に目に止まりました。


人間そんなものですね。


そこからM6m2が気になりだして色々調べて購入にいたったわけでした。




○外観


f:id:soraumi8:20191021141610j:plain


M6m2を選んだ1番の理由がそのフォルムでした。


LUMIX S1の形も格好いいと思いますが、M6m2みたいな形も大好きだったりします。


さらに外付けEVFを付けたM6m2の姿は、とてもメカメカしたいてめちゃんこ格好いいのです。


やはりカメラが格好いいと使うのもテンションアゲアゲになりますからね!


それとM6m2のホールド感も思ってたより良かったです。


小型なカメラなのでどうしても小指余りはしてしまいますが、グリップが深いのでとても持ちやすくなっています。


カメラを構えた時も重量バランスが良いので安定して構えられます。


まあこれは個人差がある話なので人によっては違う感想を持つかもですが、私的には中々にグッドなグリップでした。



シャッター音


f:id:soraumi8:20191023233813j:plain


M6m2は先幕・後幕共にメカシャッターを採用しているので、シャッター音もこれぞカメラといった音がします。


シャッター音にも色んな意見がある部分かと思いますが、個人的にM6m2のシャッター音はシャッターを切るのが心地良く感じれるので大変気に入っています。


○3250万画素


もっと気軽に使えるカメラが欲しいと思って買い換えてみたら、まさかまさかのS1からの画素数アップです。


まあ正直に言うと3250万画素はM6m2を選んだ理由のひとつだったりはするんですけどね(笑)


やっぱり画素数が高いカメラも使ってみたかったのです。


そして実際に写真を撮ってみたらやはり綺麗ですねぇ~。


写りに惚れ惚れです。


とはいえM6m2で撮った写真を拡大して見てみると、やはりフルサイズのS1の方が細かい所まで綺麗ですね。


流石フルサイズ。



ただこれはレンズの問題な気もしてたりします。


ネットを見てたら、M6m2の性能を引き出せるEF-Mレンズはまだ少ないというレビューがあったりするので、レンズを変えればまた違った結果になるかもですね。


そんなEF-Mレンズの中で32mm/F1.4は性能が高いそうなので、そのうち買って試してみようかと考えております。



○操作性


f:id:soraumi8:20191023233852j:plain


M6m2は操作性も良いですね。


ボタン類が右側に集まっているのでストレス無く操作出来ます。


色々な機能はマイメニューに登録しておけばすぐ使えますしね。


あと私的にグッときたのがAFとMFの切り換えスイッチでした。


これも私がM6m2に決めた理由のひとつだったりします。


これまではMFをメインに使ってきましたが、もっと気楽に撮影を楽しむ為にもAFもこれからどんどん使っていこうと思っていました。


ただそうは言ってもMFもやっぱり使っていきたいし、でもEF-MレンズにはAFとMFの切り換えスイッチが無いし、、、


やっぱり簡単に切り換えられるスイッチが欲しいよね。


そんな私のニーズにばっちり合ったスイッチでございました。




○こうなれば嬉しいこと


最後は不満では無いのですが、こうなればもっと嬉しかったなっていうことをひとつ。


それは拡大表示中にピーキング(ピントが合った場所の輪郭に色がつく機能)が表示されないことです。


M6m2は狙った場所を5倍と10倍で拡大表示してくれます。


MFでピントを合わせようと思ったら、やはり表示が拡大してくれると助かりますからね。


これはこれでありがたい機能なのですが、欲を言えばこの拡大表示中にもピーキングされれば最高だったなと思うわけなのです。


まあ拡大表示されるので、あとは自力でやれば良いだけの話なのですが、やはりあれば嬉しかったなって思ってしまいますね(笑)




○まとめ


というわけで以上がEOS M6 Mark II のファーストインプレッションでした。


M6m2は特に深く考えずダメならダメな時と思いながら買ったカメラだったのですが、まさかまさかの目茶苦茶良きカメラだったのでビックリいたしました。


小型軽量で持ち運びもしやすいですし、これから気軽にカメラをのんびり楽しむには最高の1台になってくれそうです♪

いいわけの時間

f:id:soraumi8:20191020110014p:plain


背伸びすることに疲れてしまったのです。


今回のMy New Gear であるEOS M6 Mark II を召喚する為にLUMIX S1を生け贄にしました。


LUMIX S1 は今も素晴らしいカメラだと思っています。



ただ素晴らし過ぎました。



思えばこの半年はLUMIX S1に見合えるだけの人間になろうと足掻いた半年だったように思います。


仕事でカメラを触っているわけでは無いので、もっと気楽にやれれば良かったんですけどね。


完全に一人相撲で自爆しました。



まず大きな躓きは「S1で写真を撮るなら凄い写真を撮らなきゃ」というよく分からない思い込み。


完全に飲み込まれてますねS1に。


別に何撮ってたって良いし、そもそも凄い写真ってなんなのさって話なんですけどね。


でも凄い写真を撮らなきゃという思い込みは結構しんどいものです。


色々調べたり考えたりしたのですが、どんどん袋小路にはまっていきましたからね。


写真を撮るのがだんだん苦しくなってしまいました。




それと持ち出さなきゃいけないプレッシャーも大きかったです。


せっかく高いカメラを買ったのだから使わなきゃ損とばかりに休みの日はカメラを持って出掛けていました。


最初のうちはそれも楽しかったんですけどね。


徐々に徐々に休みの日はカメラを持って出掛けなきゃいけないというプレッシャーに変わっていってしまったんです。


そして、晴れの日に家でゴロゴロしていたら罪の意識が芽生える位になってしまい疲れてしまいました。




あとフルサイズを使うならレンズは高性能でなければいけない!というセルフ縛りもダメでしたね。


まあフルサイズみたいに画質を求めるカメラを使うならそれも自然な考えなのかもですが、それでも安いレンズの選択だって全然良いと思います。


S1にアダプター着ければお手頃なレンズも使えますしね。




それと取り扱いに神経質になってしまいました。


S1は防塵・防滴で落下テストも行われている強い子です。


だから本当はガンガン使えばいいんですけどね、頭によぎるんです40万円の数字が(笑)


完全に守りに入っていました。


なのでS1の持ち運びや撮影中も慎重になりすぎて神経を磨り減らしてしまいました。





他にもまあ色々あるんですけど、とにかく私の身の丈に合わなかったんですね。


私の身の丈が小さすぎました。




そんなこんなで疲れてしまった私は、カメラも気楽なカメラにしたくなったわけです。


そんな時にふと思い出したのが以前使ってたキヤノンのkiss X5でした。


kiss を使っていた時は変に知識も無く気楽に楽しんでいました。



いま私に必要なカメラはそんなカメラだ



私は早速キヤノンのホームページを見てみました。



ふむ、、、



ふむ、、、



ふむ、、、



、、、EOS M6 Mark II めっちゃ良いやんけ!



まず形に一目惚れです。


そしてたまたま買っていたカメラ雑誌にも載っているのを発見したのでその記事を読んでみると


めっちゃ良さげやん、、、


お値段もレンズキットで15万円くらいで安いし気楽に使えそう!と気持ちは前のめりです。



ただ今思うとLUMIX S1で感覚がおかしくなっているだけで、15万円は別に安くはない金額ですね(笑)


やはり大きい山を越えると人は成長出来ます。




という流れでLUMIX S1を生け贄にEOS M6 Mark II を今回召喚したというわけでした。


そして実際EOS M6 Mark II を使ってみたら、まだしばらく使ってみないと分かりませんが、これは良きカメラの予感がします。


高性能で至れり尽くせりなカメラでは無いですが、大きさや使い勝手などなどが程よい感じで気楽に使えます。


しかも撮れる写真は3000万画素オーバーの綺麗な写真が撮れちゃいますしね。


気楽なカメラと買い換えたら何気に画素数がアップしている不思議。


あとEOS M6 Mark II は壊れたら壊れた時くらいの気持ちで気楽に扱えました。


まあ本当に壊れたら泣くんですけどね(笑)





これからはカメラに振り回されないようにしていければと思います。


無理して使うことなんかはせずに、撮りたい時に撮っていければ良いかなと。


今回は良い勉強になりました。






f:id:soraumi8:20191020105803j:plain
小倉 EOS M6 Mark II







なんて大層なこと言いながら、しれっとまた買い換えをやっちゃいそうなのも私なので、その時は優しい目で見てください(笑)

旅とカメラ

f:id:soraumi8:20191018001838p:plain

あっという間に10月も半ばです。



で、10月ですよ10月。


最近はめっきり寒くなり、もう少しすれば紅葉も見頃になりますかね。



九州の紅葉スポットと言えば耶馬溪などが有名ですよね。


実はまだ耶馬溪に行ったことが無いので、紅葉を見に耶馬溪に行きたいなって思ってみたり。


というか紅葉関係なしに行きたい所が色々あるわけなんですよ。


パッと思いつくだけで


宮島(広島)


平戸(長崎)


宮崎(宮崎)


五島列島(長崎)


糸島(福岡)


しまなみ街道(広島&愛媛)


男木島(香川)


城崎(兵庫)


お遍路(四国)


与論島(鹿児島)


八重山諸島(沖縄)


草津(群馬)


伊豆半島(静岡)


羽黒山(山形)


不老不死温泉(青森)


釧路湿原(北海道)


網走湖(北海道)


恐山(青森)


などなど


思いつくまま書いたのでバラバラな感じですけど、とりあえず島が多いですね。


我無類乃島好也



でも本当旅行って良いですよね。


非日常や特別な時間を味わえますもんね。



特に沖縄の八重山諸島は最高な場所でした。


あそこにいた日々はそれはもう夢のような日々でしたから。


青春してたと思います(笑)


なので八重山諸島は絶対にまた行くと決めてる場所です。




あともう1つ忘れられない場所が北海道網走になる網走湖です。


網走湖の湖畔でテントはってキャンプしたんですけど、あの時に見た夕焼けはいまだに忘れられなかったりします。


いつまでも見ていたかった夕焼けでした。




それと旅行の楽しみといえば食事ですよね。


その土地でしか食べられない物なんかに出会えたりしちゃったら嬉しくなります。


そんな中で忘れられないのが、以前日本一周をした時に食べた熊の肉を使った熊丼ですね。


この熊丼、見た目は牛丼みたいな感じで美味しそうなのですが、味は結構獣臭くて食べるが大変でした。


お店はたしか栃木の山奥辺りだったと思いますが、あれは正直もう要らないですね(笑)





あとは宿での一期一会な出会いも大切な思い出です。


ライダースハウスやゲストハウスみたいな場所は、オーナーさんや宿泊客同士の距離が近くなりやすかったりします。


同じ旅人なので話も盛り上がりやすかったりしますしね。


実際私も色々な場所に泊まり、色々な人たちと仲良くなりました。


中には今でも連絡を取り合ってる人もいます。


旅は一期一会の出会いも楽しめます。





なんかだかんだで、思えばこれまで色々な場所に行きました。



仕事を辞めてスーパーカブで日本一周



初めての海外1人旅はアフリカのナミビア



そのあと中央ヨーロッパをぐるっと一周


ちなみに行った国は


ポーランド


チェコ


オーストリア


スロベニア


クロアチア


ボスニアヘルツェゴビナ


ハンガリー


スロバキア


ギリシャ


の計9ヶ国


我ながらよく行ったと思います。


いまは海外だとニュージーランドとアイスランドとフィンランドに行きたい。ランド大好き。


ただ海外に出るのに私的には相当エネルギーと勢いがいるので、行くとしても当分先かなと思いますが。




しかし旅行について書いてると無性に旅行に行きたくなりますな(笑)


これからの人生どれだけ行けるか分かりませんが、色々な場所に行って色々な景色を見ていきたいものです。



そんなわけでこれからよろしくね



























My New Gear....













































f:id:soraumi8:20191019121853j:plain
EOS M6 Mark II

MFが楽しい

私が写真を撮り始めた時から当たり前のようにあった機能といえばオートフォーカス機能でした(以下AF)。


AFはシャッターボタンを反押しにすることで、カメラが自動でピントを合わせてくれるとても便利な機能ですよね。


カメラを使っている人の多くはこのAFを使っているんじゃないでしょうか。


かくいう私もカメラを使い始めた頃から、この便利なAFを使用していた根っからのAF使いでした。


ところが、ここ最近はAFを使うことがあまり無くなってしまいました。


そうなのです、私はすっかりマニュアルフォーカス(以下MF)使いに生まれ変わったのです。


今の時代、AFの進化は素晴らしく、人や動物をカメラが認識してピントを合わせてくれたり、瞳にピントを合わせてくれたりと実に優れものになっています。


私が使っているLUMIX S1も優れたAF機能が備わっていて、人、瞳、動物を認識してピントを合わせてくれます。


AFは素晴らしい機能です。ビバ技術の進化!


そんなAFをあえて使わずのMFです。


それはなぜなのか?


理由は色々あるんですけど、1番は『フォーカスを自分で合わせることで、撮影時によりフォーカスの位置や被写界深度について考えられる』からですね。


もちろんAFでもそれらをしっかり考えて撮影出来と思います。


ところが私はAFを使ってしまうとどうしても流れで撮ってしまうんですよね。


考えることをあまりしなくなってしまいいます。


それがMFを使うことで一呼吸置けるようになるので、撮影時に色々なことを考えることが余裕が出るんです。


そうなるとピントの位置や被写界深度、それに構図や色味などに意識を持てるので、より撮影に写真に向き合ってシャッターが切れるようになるのです。


とはいえ、それは私が動かない被写体を撮ることが多いから出来るかなとは思います。


動く被写体を撮るときにMFを使っていたら私はパニックになってしまうと思いますから(笑)


なのでしっかりとMFレベルを上げて被写体を選ばずにMFを使える位になることも、カメラを続けるうえでのひとつの目標にしていければと思っていたりします。



まあそんな難しい話しは置いておいて、なんといってもMFを使うのは単純に楽しいんですよね。


MFで撮影していると自分でその写真を撮っているんだと実感することが出来ますし、自分でフォーカスを回してピントが合った瞬間はとても嬉しくなります。


そんな感じでMFを楽しんでいる私ですが、元々はMFはなんだか難しそうで手を出しにくいものと思っていました。


それが何が切っ掛けだったかは忘れたましたが、S1でMFを使った時に全てが一変しました。


S1のMFはとにかく使いやすく、ピントを手動で合わせるのが簡単なのです。


なぜならS1のファインダーが綺麗で見易いですし、"フォーカスリングを回すとピントを合わせたい場所が拡大されること"と、"ピントが合っている場所に青く色がつくこと"がめっちゃ便利だからです。


f:id:soraumi8:20190922201353j:plain
通常画面




f:id:soraumi8:20190922201433j:plain
拡大



f:id:soraumi8:20190922201528j:plain
分かりにくいですが真ん中の雑誌の文字が青くなっています



これだけ至れり尽くせりな機能があれば、MF初心者の私でもピントを合わせるのは簡単でした。


大変ありがたい話でございます。


この機能がLUMIX以外のカメラにもあるのかどうかは分からないのですが、もしあるようだったら是非使ってみて欲しいですね。


ピントの合わせやすさに感動すると思います。



それとLUMIX S1はAFとMFの切り替えがしやすいのもとても助かります。


f:id:soraumi8:20190922201939j:plain
AF


f:id:soraumi8:20190922202020j:plain
MF



ここのスイッチを動かせばAFとMFを切り替えられるんですけ、スイッチの位置が良いのでファインダーを覗きながらでも切り換えれるんです。


つまり被写体から目をそらさずにAFかMFを選択出来るんですね。


S1は本当に便利ですね。買って良かったと心から思います。



とはいえAFは大変便利な機能ですし、これからもどんどん進化していくと思うので楽しみですね。


カメラが進化することはやはりワクワクします♪

有機センサーについて調べてみた

2020年の東京オリンピック以降、Panasonicは有機センサーを搭載したLUMIXブランドのカメラを出すそうです。


ただ正直私は有機センサーのことを理解していません。


とはいえ、もしかしたら将来的に有機センサーを搭載したLUMIXのカメラを買うかもしれませんし、その辺りは理解しておいた方が良いと思い、今回は有機センサーについて調べてみました。


ただ素人が書くことなので、間違っていることもあるかと思いますがお許しください。


それと内容がちょっと難しくなってしまったので、合間に麺写真を入れて少しでもポップ感を出してみました。


○有機センサーとは

有機センサーは正確には"有機CMOSイメージセンサー"と言うようです。


この有機とは"有機薄膜"と呼ばれるもので、光電変換機能を有します。


うん、よく分からない。


簡単に言うと有機薄膜は"光を電気信号に変換"してくれるアイテムのようですね。


この光とはレンズを通して入ってきた外の光のことだと思われます。


つまり有機薄膜は外から入ってきた光を電気信号に変えてカメラに届ける役目があるようで、とても大事な役目をお持ちのようですな。


f:id:soraumi8:20190922140420j:plain


ちなみに従来のセンサーにはシリコンダイオードが使われていたそうです。


このシリコンダイオードが有機薄膜に変わるので"有機CMOSイメージセンサー"となるわけですね。


有機薄膜は従来のシリコンダイオードより光吸収係数が大きいそうなので、そのぶん薄く出来る強みがあるとのこと。


そしてこの膜を薄く出来ることのメリットのひとつが、斜めからの光を効率よく取り込めることなんだとか。


まあ何がどうなってそうなるのかはよく分かりませんが、斜めからの光を効率よく取り込むと"混色のない忠実な色再現性"が可能になるそうな。


ん~、ようは有機薄膜は光をしっかり取り込んで、素敵な色を見せてくれるということですかね?


あと有機薄膜はレンズの設計自由度が上がるそうで、そのぶんカメラの高性能化・小型化にもつながるそうですよ。


これは良いことですな。


f:id:soraumi8:20190922140514j:plain


それと有機センサーは、光電変換時の特性を自由に設定することが出来るので、広ダイナミックレンジを実現することが可能なのだとか。


これもよく分かりませんが、ダイナミックレンジが広くなることは良いことだということは分かります。



あとはセンサーを有機センサーにすると"グローバルシャッター機能"や、感度を連続・無段階に変更することが可能な"電子NDフィルター技術"といった機能も搭載することが出来るようになるそうです。


グローバルシャッターは動いている被写体も歪むことなく撮れる素敵機能だそうです。


そして電子NDフィルターはNDフィルターを持ち運ぶ必要がなくなる素敵機能だそうです。


なのでカメラにグローバルシャッターと電子NDフィルターがカメラに搭載されれたらとても便利になりますね。


欲しい、、、


f:id:soraumi8:20190922140613j:plain

○まとめ

頭から煙が出ています。


今回はなんとか分かる部分を書いてみましたが、それでも私の手に余る代物でした。



まとめると


有機薄膜は光を電気信号に変えるマジックアイテムである


光をしっかり吸収するから撮れる写真の色もより素敵になる


なんかの設定を自由に変えれるのでダイナミックレンジが広くなる


グローバルシャッターや電子NDフィルター機能が搭載しやすくなる


といった所ですかね。


恐らく合っているとは思うんですけど、もし間違っていたら許しください。


とりあえず間違いないことは、有機センサーを搭載したカメラは凄いってことですね。



f:id:soraumi8:20190922140726j:plain


嗚呼、麺類が食べたい、、、