オレンジデイズ

カメラのこと。日々のこと。

LUMIX G9PRO用にレンズを買いました。

こんにちは、オレンジです。


ちょっと前にレンズ買いました。


f:id:soraumi8:20181219103810j:plain

買ったレンズはLUMIXの42.5mm/F1.7ですが、大変小さくG9PROにつけると可愛いですね。


LUMIX 42.5mm/F1.7は35mm換算でいうところの85mmなので中望遠ですね。


最近写真を撮るときは40~50mmくらいの画角を使うことが多かったので、自然と今回のレンズに決まりました。


お値段も35000円前後で(レンズとしては)お手頃価格でした。


そんなLUMIX 42.5mm/F1.7を手にせっかく入れたので、さっそく(3週間以上前ですが)太宰府天満宮に写真を撮りに行ってきました。

f:id:soraumi8:20181219103256j:plain

f:id:soraumi8:20181219103354j:plain

f:id:soraumi8:20181219103324j:plain

f:id:soraumi8:20181219103422j:plain

f:id:soraumi8:20181219103453j:plain

f:id:soraumi8:20181219103515j:plain

f:id:soraumi8:20181219103534j:plain

f:id:soraumi8:20181219103551j:plain


前回ボケについて書きましたが、42.5mmはF値も1.7なのでボケもだしやすく、ボケを使った写真も撮ったりと、とても楽しく撮影出来ました♪


そんなにしょっちゅう連れ出すレンズでは無いかもしれませんが、色々な写真を楽しむアイテムとして今後も大活躍してくれそうです。

一眼カメラのボケについて考えてみた

こんにちは、オレンジです。

カメラを扱う上で大事なものの1つといえば絞りですよね。

最近自分のなかで絞りについての考え方が変わってきました。

今回は自分の考えをまとめる意味も込めて、その辺りをブログに書いていきたいと思います。


○絞りとは
絞りとは簡単にいうと「レンズから入ってくる光の量を調整する部品」のことです。


そして絞りはF値という数値で表され、F値が小さいほど絞りが大きくなり多く光を取り込み、F値が大きいほど絞りが小さくなり光の取り込み量が少なくなります。

ですから、絞りは写真を撮るうえで大切な露出を決める要因の1つになります。


そして絞りはF値が低いほど背景がボケて、F値が高いほど背景がボケないという性質があります。


絞りを変える理由は

・露出(主にシャッタースピード)を決める

・ボケ量を決める

時に変えるものと考えて良いかと思います。


そして今回自分が考えているのは、ボケとしてのこのボケに対してのことなのです。


被写界深度

絞りの生み出すボケについて考えるときに大事なもの、それが被写界深度という考え方です。

被写界深度とは簡単にいうと「ピントが合っている範囲」のことです。



f:id:soraumi8:20181217223518j:plain
たとえば、F値が小さくなるとピントの合う範囲が狭くなります。その結果ボケを生み出します。



f:id:soraumi8:20181217223552j:plain
逆にF値を高くするとピントの合う範囲が広くなりボケの量が減っていきます。

ここで大事なことは、ボケは後ろだけに出るものではなく前にもボケが出ることです。


f:id:soraumi8:20181218082801j:plain

こんな感じですね





○表現としての絞り

ここでようやく今回の本題です。

元々僕はボケに興味がなく、むしろボケない写真を好んでいました。

なので今までは、写真を撮るときはF値も基本的に8前後にして、シャッタースピードをどうしても稼ぎたい時にF値を下げるくらいの感覚でやってました。

ですが写真の知識がついてくると、視線の誘導の為には風景でもボケを入れた方が良いことや、ボケがあることで主題をよりしっかりと目立たせられることを知りました。

ボケは写真での表現の幅を広げてくれるんですよね。

なのでそれからは風景を撮るときも、ボケを入れると効果的かどうか?入れるとしたらどれくらい入れるか?を考えてF値を決めるようになりました。


そしてその為にも、自分のカメラやレンズがどれくらいボケるのかを把握することは写真を撮るうえで大切なことなんですよね。


もちろん、逆にボケさせない写真もありですし、要は自分がどんな写真を撮りたいのかが1番大事で、ボケさすボケさせないは表現の手段なんですよね。

 


○まとめ

写真は知れば知るほど色々な知識も増えて考えることも多くなってしまいます。


その考えることを楽しんで写真を撮るのも楽しいですし、逆に何も考えずに写真を撮るのも楽しいですから、大事なことは変に凝り固まってしまわないことなのでしょうね。

レンズが欲しい

こんにちは、オレンジです。

 

最近新しいレンズが欲しいんですよね~。

 

ただ、いま使っているパナライカの12ー60ミリが良い感じなので、さらにいるのかな?という悩みもあるのです。

 

ただ、先日写真を撮っていた時に「あともう少しだけ寄りたい!」と思うシーンが何度かあったので、60ミリ以上のレンズがあった方がよりベターな気もしています。

 

で、使い勝手やらを考えるとズームレンズが良いと思うのですが、その反面単焦点レンズも欲しいと思うわけで。

 

悩ましい、、、

 

とはいえ、単焦点レンズで60ミリ以上を買ったとしても、出番もはそうそうないと思いますしねぇ。

 

60ミリ以上のレンズを買うならズームレンズで、60ミリ以下のレンズを買うなら単焦点レンズかなぁ~とぼんやり思う次第です。

 

財力が欲しいですな(笑)

 

パナソニックのフルサイズミラーレスの発表日が待ち遠しい

こんにちは、オレンジです。

 

11月も半ばに入り、徐々に徐々に今年の終わりも見えてきましたね。

 

月日が経つのは本当に早いです。

 

そんなこんなで今年が終われば、いよいよ次はパナソニックの放つフルサイズミラーレス機の正式発表ですね!←流れが強引

 

雑誌で読んだのですが、パナソニックはS1RとS1に何やら隠し球を用意しているみたいですし、いまから発表が待ちきれません。

 

とはいえ、S1RとS1はプロ機とのことですので、おそらく色々な機能をてんこ盛りにしてくるでしょうから、お値段もなかなかヘビーな感じになることが予想出来ますよね。

 

なので発売と同時に購入はまず無理だと思うので、自分が買うとしても1年後2年後になるかと思いますが。。。

 

あと、いま使っているG9がとても使い勝手もよく、撮れる写真も好きな写真が撮れているので、慌ててフルサイズに行かなくてもいいかなという気持ちもあります。

 

なんにせよ、発表されるのが待ち遠しい!

 

 

復活

こんにちは、オレンジです。

 

仕事が遅くなったり、体調崩したりなどなどやっていたら、あっという間に時間が経っていました。

 

そんな中

 

 f:id:soraumi8:20181111180633j:plain

 

ついにタブレット用にワイヤレスキーボードを買いまして、文字を打つのが格段に楽になったので、ブログを再開したいと思います♪

 

 

 

 

 

マナー

こんにちは、オレンジです。

 

最近、写真を撮るためにマナー違反をしている人を見かけました、、、

 

こういうのを見ると、ほんと残念な気持ちになりますね。

 

オイラも知らず知らずにマナー違反してしまわないように、気をつけて写真を楽しもうと改めて思いました。

パナソニックから有機センサー搭載の8Kカメラが出るそうですね

こんにちは、オレンジです。

 

パナソニックから有機センサー搭載の8Kカメラが来年の秋頃に出るそうです。

 

正直そこら辺のことがよく分かってないのであれですが、Twitterやらの反応を見ると、どうやら相当凄いことが起きたようです。

 

さすがパナソニックだぜ☆

 

そして色々な意見を見ていたら、その8Kカメラは数百万円はするかもレベルみたいですね。

 

末恐ろしいカメラですね。

 

ただ、後々この有機センサーがミラーレスカメラに搭載されれば、相当凄いことが起きるみたいなので、その時を楽しみにしておきたいです。